先日、ピティナピアノコンペティション、福岡前期地区、筑豊地区が開催されました。

2名の生徒が優秀賞、1名奨励賞を頂きました。

おめでとうございます㊗️

毎年本番を迎えるにあたって、生徒、保護者、講師、三位一体となり、生徒が良い形で本番を迎えることができるよう、課題曲について真剣に向き合い、試行錯誤します。

コンクールはあくまで生徒の成長の通過点にしか過ぎず、コンクールが全てではないこと、うまく行く時もあれば、そうでないこともあります。過程が凄く大事だということ、どのくらいやったらこのくらい本番で出来るのか、挑戦することで多くのことを学ぶ機会になります。生徒が緊張感を肌で感じ、経験することが大事だと思っています。

本番前は皆緊張しています、ですが本番後は、スッキリした顔、ここが足りなかった顔、どうだったか覚えていない顔、いろんな顔をして戻ってきます。

けれど、子供たちは2ヶ月前より格段に上手になっており、成長しています。半年後、1年後はさらに進化していることが想像できます。初めての生徒は今までにない練習時間になるかもしれません。

よくコンクールが終わり、頑張ったのに落ちたからピアノには向いてないのではないか等、悩まれる方もおられますが、そこで向いている、向いてないを決めることは本末転倒だと思います。

その子が今持っている力のベストを出すことが出来たら、それで良いのです。

長いは、人生です。今まで経験したことのない世界や知らないことをたくさん体験して、成功体験や失敗体験を繰り返し、何を感じるか、どう生きていきたいか、考えていける材料となれば良いな、と思います。成功体験はたくさんさせてあげたいです。けれど、人生は理不尽なことも多いです。失敗体験をしたことによって何が足りなかったのか自分を振り返り、学ぶことも大切だと思います。

本気でやることに無駄なことは絶対にないと思います。生徒を見ながら、私が一番勉強をさせてもらっているかもしれません。不器用でも頑張る子供たちを見ると、応援したくなるし、無邪気な笑顔に励まされます。

今すぐに出来ないことも出来るようになりたいという気持ち、ピアノが上手になりたい、好きだ、という気持ちだけで私はやってきたのではないかな、と思います。

生徒たちにも素敵な音楽がたくさんあることを知ってほしいな、と思います。

7月にも別の地区でコンペ予選、そして本選が開催されます。

生徒も保護者もよく頑張ってくれています(^ ^)

皆上手くいきますように!応援頑張ります!!!

Top