コンサート

久しぶりの投稿です😊

急に寒くなりましたが、皆様、風邪等、体調は崩されてないでしょうか。

予選が終わり、続いて本選に出場する生徒の課題、発表会に参加する生徒の課題、自分が出演する曲に追われる毎日です。

この時期、生徒たちは、課題となっている曲を集中的に取り組みます。
これまでやってきたものを見てもらう場、人の前ではどのくらい演奏出来るのか、力試しする機会でもあります。お辞儀の仕方、当日の衣装、マナー、心構え、体調管理、私の失敗エピソードも参考にしてもらい、本番に向けて一緒に頑張っています。

「舞台では、役者にならなければならない、
当日、どんなに辛いことがあったとしても、緊張していたとしても、それを観客に悟られてはならない」と先日講座を受けた際に東京の先生が仰っていました。
本当にその通りだと思います。
笑顔で、颯爽とかっこよく、そして楽しんで、演奏ができる人になろう!
観る人を楽しくさせよう!
とさっそく生徒に伝えました(笑)
テレビを見て、そういう視点で役者さんをみてみると、また違う角度から物事が見えてくるかもしれません。

来週、コンサートに出ますので、是非皆様いらしてくださーい😊
ここ何ヶ月かは、ひたすらモーツァルトのことを考える毎日。
自分との戦いの日々でした。
私たちが演奏させて頂く、二台のためのピアノソナタには、こんなエピソードがあります。

モーツァルトの優れた弟子のアウエルンハンマーは、モーツァルトに好意を寄せていました。
モーツァルトは、彼女のことを高く評価していましたが、その一方で、彼女のことを、太って、汗っかきで、厚かましい言動をする女だ、と思っていた様です。アウエルンハンマーの片想いですね。
いや〜、甘い恋心だけど、これが現実。連弾ではなく、2台にしたのは、そういう意味もあり、作曲された、という説があります。面白いですよね。

パールのような洗練されたキラキラ、コロコロした可愛くて優しくてくっきりした音。オペラの音楽。ピアノがない時代。
モーツァルト、
大きな課題ですが、こなします!

前売りは、ご連絡下さい。
当日券もございますので、お時間ある方は、是非よろしくお願いします♪

image

2016-10-12 | Posted in 教室コラムNo Comments » 

関連記事

Top