教室コラム

教室コラム vol.6 「2015年・発表会の報告」

こんにちは。
講師の築山です。

先日、合同発表会が、無事終了しました♪
いつも「人前で発表する」ということは「自分をコントロールすることが、とても難しく、大変なことだなぁ」と思います。

生徒さんは、とても上手に弾いていました。頑張っている後ろ姿を思わずパシャリ。

S__3694596
S__3694598
S__3694601
S__3694604

本当に可愛い生徒たちです。
自分の音をよく聴いていて、日に日に成長していることが実感できます。
レッスンでも熱心に頑張る姿、難しい曲、弾きたい曲に挑戦し、立ち向かう姿勢が凄いなぁ、偉いなぁ…と感心していました。

練習で何百回、何千回、上手く弾けていても、本番は、1度きり。
そこで人から評価される。
何をするにしてもそうだと思いますが、その一瞬でその人の運命は決まってしまう、と言っても過言ではないと思います。
人生の大切な部分、手をかけなければならない所、それは意外と少なくない気がします。
それまでの猶予時間の使い方が上手く使えるかどうかは、ある意味、本人の才能だと思います。
私は、時間の使い方が下手なので、尚更そのことを実感してしまいます。
頑張らなくてはならない、けど根を詰め過ぎてストレスになるのも良くない、だからといって怠けていては、本番で後悔をする、本番をベストの状態で臨めること、これは中々難しいものです。
生徒さんのコンディションを整えるのも親御さんあってのことなので、親御さんには、いつも支えて頂いて大変感謝しております。

オリンピック選手は、才能に溢れている選手の中から選りすぐりの選手が選ばれているのに、4年に1度しか、大会がありません。
大会で1度失敗すれば、今までの練習時間は何だったのか、と挫折を味わう、大勢の観客に非難される、その気持ちと常に隣り合わせです。
ですが、そこで出場することで失敗することから、新たな課題を見つけられる、そしてまた目標に挑戦することが出来れば、頑張れる。
全部一緒なのではないかと思います。
私もたくさん失敗しています。
そして、これからも沢山の失敗をすると思います。
少しずつでもいいから、前よりももっと分かるように、良くなれば「点と点は線で繋がる」と思って日々ピアノに向かっています。

生徒さんには、私が与えられるものは、全て吸収していってほしいなぁ、と願っています。
生徒さんの指導法、自身の演奏、勉強を続けていかなければ、とてもできないお仕事だなぁ、と再度認識できた発表会でした。

これからも、築山ピアノ教室をどうぞよろしくお願い致します。

2015-05-03 | Posted in 教室コラムNo Comments » 

関連記事

Top